離婚に役立つ情報を随時公開します

離婚協議書が完成するまでの進め方

離婚問題に強い大阪の行政書士

今回は離婚協議書が完成するまでの進め方についてお伝えします。

【完成までの進め方】

① 離婚の話し合いを始める
② 離婚の条件に合意する
③ 紙を用意する
④ 紙に合意した条件を書く(2部)
⑤ 双方が署名と押印する
⑥ 離婚協議書の完成

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるものなので、
離婚協議書を作るためには、離婚条件の合意が前提となります。

具体的な離婚条件については、各ご夫婦によって異なりますが、
主に子供のこと(養育費など)やお金の話(慰謝料や財産分与など)となります。
(例 夫婦間に子供はいないから、慰謝料と財産分与の話がメインとなる。)

婚姻期間が長いご夫婦ほど、離婚条件が多くなる傾向にあります。

例1「慰謝料100万円を25回に分割して支払う。」
例2「財産分与として預貯金50万円を折半で分配する。」

夫婦間で話し合った結果、離婚条件の合意が出来たら、
紙を2枚用意して、合意した内容(例1や例2)を全て書いていきます。
(注 手書きでもいいですが、パソコンでの作成をお勧めします。)

Q「例1や例2のような書き方が分かりません。」

夫婦で離婚協議書を作る場合、書き方については、
インターネット上の雛形や文例を参考にして進めることになります。
(※ 当事務所が掲載している養育費の雛形と文例もご覧下さい。)

雛形や文例を見ても分からない場合は、専門家への相談(依頼)をして下さい。
(※ 行政書士などに依頼した場合、報酬の支払が生じます。)

離婚協議書は夫用と妻用、計2部(内容は同じ)作る必要があります。
(注 離婚協議書は支払期間を終えるまで大切に保管して下さい。)

離婚協議書が出来たら、最後のページにある甲・乙欄に
夫と妻が直筆で署名をして、その横に実印を押せば完成となります。
(注 実印がない場合は、事前に役所で印鑑登録をして下さい。)

一般的に甲は夫、乙は妻になるケースが多いです。

離婚協議書が完成するまでの進め方は以上となりますが、
将来のトラブルを防ぐためにも、納得出来るまで話し合うことが大切です。

【関連記事】
離婚協議書に書く内容
面会交流の雛形と文例
慰謝料の雛形と文例
財産分与の雛形と文例
年金分割の雛形と文例

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/04/20】