離婚に役立つ情報を随時公開します

中傷禁止条項の雛形と文例について

離婚問題に強い大阪の行政書士

離婚協議書や離婚公正証書に役立つ雛形をお伝えします。

8回目は中傷禁止条項の基本的な雛形(文例)となっており、
当事務所でも利用しているので、夫婦作成を考えている方は是非ご覧下さい。

【中傷禁止条項の基本的な雛形】

甲および乙は、離婚後、
婚姻期間中の出来事等について
第3者に対して公言しないことを約束する。

中傷禁止条項を簡単に説明すると、その名前の通り、
婚姻期間中に起きた出来事を第3者に漏らさないという約束です。
(※ 離婚で話し合った内容についても含まれます。)

特に離婚の話し合いではプライベートな内容が多く含まれるので、
お互いにとってメリットがあり、しばしば合意(記載)されるご依頼者様がいます。
(例 離婚時の出来事をブログなどに掲載されたくない。)

中傷禁止条項については、この雛形(文例)の丸写しで問題ありません。

「面会交流の時に母親の悪口を言わない。」
「面会交流を円滑に実施するために、父親の悪口を言わない。」

ちなみに面会交流の話し合いの結果、子供の成長のために
中傷禁止条項(子供に他方の悪口を言わない)の合意をされる方もいらっしゃいます。

こういう訳で離婚協議書や離婚公正証書を作る時は、
金銭の合意だけではなく、離婚後のトラブルを防ぐ約束も忘れないで下さい。
(例 通知義務や清算条項などのトラブル防止条項を言います。)

【関連記事】
通知義務の雛形と文例
清算条項の雛形と文例

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/02/13】