離婚に役立つ情報を随時公開します

面会交流の雛形と文例について

離婚問題に強い大阪の行政書士

離婚協議書や離婚公正証書に役立つ雛形をお伝えします。

4回目は面会交流の基本的な雛形(文例)となっており、
当事務所でも利用しているので、夫婦作成を考えている方は是非ご覧下さい。

【面会交流の基本的な雛形】

乙は甲が月に2回、
長男と面会交流することを認め、
面会交流の日時や実施場所に関しては、
面会交流の都度、甲乙間の協議で決定する。

1つ目のポイントは面会交流の実施回数となります。

協議離婚は夫婦間の話し合いで離婚条件を決定出来るので、
面会交流の実施回数についても、離婚後の生活環境などに応じて決定します。

例えば、離婚を機に親権者である妻が実家に戻るのであれば、
距離的な問題を抱えるので、面会交流の回数は多く出来ないと考えられます。

ちなみに回数を定めずに「子供が望んだ時」という抽象的な合意も出来ます。

2つ目のポイントは面会交流の実施条件となります。

今回の雛形(文例)では抽象的な合意(都度協議)となりますが、
離婚時の状況によっては、具体的な合意を交わすケースも十分あり得ます。
(例 月に1回、○○駅で待合せて、10時から14時まで○○公園で実施する。)

Q「面会交流は細かく決めた方がいいですか?」

これまで養育費の条件などは細かく決めるべきとお伝えしましたが、
面会交流に関しては抽象的(アバウト)に決めた方が良いケースもあります。

なぜなら面会交流は子供の成長という視点で実施されるものなので、
細かく決めると硬直化を招き、子供に不利益を与える可能性があるからです。
(例 子供が会いたがっているのに、月1回しか面会出来ない。)

こういう訳で面会交流の合意内容については、
各ご夫婦によって抽象的だったり、具体的だったりバラツキが生じます。

ちなみに具体的な合意の場合、10項目以上に及ぶご依頼者様もいらっしゃいます。

【関連記事】
養育費の雛形と文例
慰謝料の雛形と文例
財産分与の雛形と文例
年金分割の雛形と文例

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/02/07】