離婚に役立つ情報を随時公開します

自分で離婚協議書を作成するメリット

離婚問題に強い大阪の行政書士

協議離婚の話し合いで合意した離婚条件について、
書面に残す場合に作るものを、離婚協議書(合意書)と言います。

主な離婚条件として養育費・慰謝料・財産分与・年金分割などがあります。

今回は自分(夫婦)で離婚協議書を作るメリットについてお伝えします。
(※ 自分で離婚協議書を作るデメリットについてもご覧下さい。)

【離婚協議書のメリット】

① 費用がかからない
② 最短1日で作ることも出来る

離婚協議書を作る場合、公正証書とは違って、
第3者(公証役場)の関与を受けないので、①費用はかかりません。
(注 公正証書を作る場合は公証役場手数料の支払が生じます。)

尚、合意した離婚条件を残す書面はどちらか一方を作ればいいので、
離婚協議書と公正証書、両方を作るという選択肢はないのでご注意下さい。
(注 両方を作らないといけないという勘違いをされている方が多いです。)

仮にパソコンを利用して離婚協議書を作る場合は、
厳密にはインク代と用紙代がかかりますが、ほぼ0円で出来ます。

ちなみに行政書士に依頼をすると、内容の濃い離婚協議書が出来ますが、
費用(報酬)の支払が発生するという、経済的な負担を抱えることになります。
(※ 各行政書士によって報酬額は異なるのでご注意下さい。)

次に誤字脱字などの書き方を間違えなければ、
離婚協議書は用紙とペンを使って、②最短1日で作ることも出来ます。
(注 手書きではなくパソコンを利用して作っても問題ありません。)

当事務所ではパソコンを利用して離婚協議書を作成しております。

離婚協議書の具体的な書き方(中身)については、
離婚関連のウェブサイトに文例が掲載されているのでご確認下さい。

Q「出来れば自分で作りたいですが、不安もあります。」

自分で離婚協議書を作る場合、①や②といったメリットがあり、
挑戦される方も多いですが、デメリットも知った上で作るようにして下さい。

つまりメリットとデメリットを天秤にかけて、結論を出すことが大切です。

【関連記事】
離婚協議書の特徴
離婚協議書に書く内容
離婚協議書完成までの進め方
離婚協議書の疑問を解決
離婚協議書と離婚公正証書の違い

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2016/12/01】