離婚に役立つ情報を随時公開します

離婚公正証書や離婚協議書を作れば100%安心出来るのか

離婚問題に強い大阪の行政書士

離婚公正証書や離婚協議書が完成しても100%安心とは言えません。

【安心出来ない理由とは】

◇ 限界がある
◇ 確率を上げるための手段

離婚公正証書や離婚協議書を作る『本当の目的』は、
離婚後のトラブルを減らすこと、養育費などの不払いを減らすことです。

あくまでも『減らすこと』が出来るだけで、0には出来ません。
これは離婚公正証書や離婚協議書を作る全てのご夫婦に言えることです。

例えば、養育費や慰謝料などの不払い対策として、
離婚公正証書を作っていても↓のような状況になる可能性を否定出来ません。

元妻「養育費を払わないから強制執行の検討をします。」
元夫「今は会社を辞めて給料はないし、他に財産もないよ。」

離婚公正証書には『強制執行』という強い効力がありますが、
不払いが起きて差押えを考えた時、元配偶者に財産がなければ差押え出来ません。
(注 離婚協議書には強制執行という効力はありません。)

つまり『無いところからは取れない』ということであり、
離婚公正証書を作っていても、国が救済してくれるものではありません。

こういう訳で離婚公正証書や離婚協議書にも限界があると言えます。
これが100%安心出来ない1つ目の理由になるので、覚えておいて下さい。

Q「離婚公正証書や離婚協議書を作る意味ってありますか?」

100%安心出来ないのであれば作る意味がない。
このように考えて不安な気持ちになることは十分理解出来ます。

ただ離婚公正証書や離婚協議書を作らないということは、
夫婦間で合意した養育費などの条件を『口約束で終わる』ことを意味します。

口約束で終わる場合、証拠がないのでトラブルの種になりやすいです。

こういう訳で離婚公正証書や離婚協議書を作ることは、
あくまでも合意した離婚条件の履行を100%に近づける方法となります。
イメージは『0%→口約束→離婚協議書→離婚公正証書→100%』となります。

離婚公正証書や離婚協議書は確率を上げるための手段と言えます。
これが100%安心出来ない2つ目の理由になるので、覚えておいて下さい。

離婚公正証書や離婚協議書を作るという決断をした場合、
この確率を上げるために出来る準備や工夫をするようにして下さい。
しっかりと準備や工夫が出来れば、必ず質と量が伴ったものが完成します。

離婚公正証書などが完成しても100%安心出来ない理由を知る。
これは知っておいて欲しい注意点なので、この機会に覚えておいて下さい。

離婚公正証書や離婚協議書のご依頼を頂いた場合は、
養育費などの選択肢を載せた離婚チェックシートの送付から始めます。
全13ページで63個の選択肢(養育費や面会交流が多い)を掲載しています。

63個の選択肢は出来る限り○×形式(一部手書きあり)を採用しています。

チェックシートがあれば離婚公正証書や離婚協議書の情報収集は不要です。
つまり自分で調べる時間を省略出来るので、離婚届の提出時期も早まります。

何度も改良を重ね、令和元年6月の時点で7度バージョンアップ。
詳細は離婚公正証書や離婚協議書をチェックシートを使って作成をご覧下さい。

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと中身の濃い打合せを通して完成します。

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2020/02/07】