離婚後の状況変化に伴う養育費の扱いについて

離婚後の状況変化(養育費)

離婚に役立つ情報を随時掲載します

【お子様の将来】

◇ 進路(高校まで・大学進学)
◇ 進学先(公立・私立)
◇ スポーツ選手(活動費)

離婚時の養育費の話し合いは、お子様の年齢が幼い程、
10年・15年先を見据えて協議するので、金額の算出が難しいです。

ただ難しくても結論(毎月5万円等)を出す必要があるので、
養育費に関する情報を様々な媒体(行政書士等)から集めてから、
じっくりとお子様の将来について、相手と協議することが大切です。

【離婚後の状況変化】

◇ 収入の増減
◇ 再婚をする
◇ 病気にかかる

養育費の支払期間は中長期におよぶケースが多いので、
期間中、双方(夫・妻)にこのような状況変化が起きる可能性を否定出来ません。

収入が増える場合は別として、
いざという時のリスク回避を協議の段階から検討することが大切です。
(例 入院に備えて入院保険や収入保険の加入等)

リスク回避は支払者(主に夫)だけの問題と捉えられがちですが、
最終的に未払いになると、親権者(主に妻)とお子様が大きな影響を受けます。

財産分与や慰謝料は「夫婦間の問題(主にお金の協議)」ですが、
養育費は「子の問題(成長の為のお金)」となるので、意味合いが異なります。

こういう訳で離婚後、養育費の再請求を行うことは可能です。
(注 養育費とは違って、基本的に財産分与や慰謝料の再請求は出来ません。)

ちなみに養育費の再請求は増額・減額どちらも出来るので、
詳しくは次回以降の記事「減額請求」「増額請求」にてお伝えさせて頂きます。

【関連記事】
離婚準備中に参考になる養育費の情報(相場編)
離婚準備中に参考になる養育費の情報(終期編)

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して作ります。
(チェックシートについてはこちらをご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → お問合わせ

離婚ブログの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚ブログ 2016/11/09】