離婚に役立つ情報を随時公開します

離婚公正証書が完成するまでの進め方

離婚問題に強い大阪の行政書士

今回は離婚公正証書が完成するまでの進め方についてお伝えします。

【完成までの進め方】

① 離婚の話し合いを始める
② 離婚の条件に合意する
③ 紙を用意する
④ 紙に合意した内容を書く
⑤ 離婚公正証書の原案(紙)が完成
⑥ 公証役場に原案を提出する
⑦ 離婚公正証書の完成

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるものなので、
離婚公正証書を作るためには、離婚条件の合意が前提となります。

具体的な離婚条件については、各ご夫婦によって異なりますが、
主に子供のこと(養育費など)やお金の話(慰謝料や財産分与など)となります。
(例 離婚原因が価値観の相違なので、子供のことがメインの話になる。)

婚姻期間が長いご夫婦ほど、離婚条件が多くなる傾向にあります。

例1「養育費を高校卒業まで毎月3万円支払う。」
例2「面会交流として月に2回実施することで合意した。」

夫婦間で話し合った結果、離婚条件の合意が出来たら、
公証役場に提出するために合意した内容を紙(原案)に記載します。
(※ 原案はシンプルに箇条書きで問題ありません。)

離婚公正証書は全国各地にある公証役場でしか作れないのでご注意下さい。

公証役場にこの原案を提出して内容に問題がなければ、
提出から数日以内に、公証人が離婚公正証書の原稿を作ってくれます。
(※ 稀に提出した日に原稿を作ってくれる公証役場もあるそうです。)

公「この合意は問題がありますね。」
妻「分かりました。持ち帰って夫と話します。」

ちなみに合意内容に問題があると、修正(削除)の対象になるので、
諦める又は再協議を行うという、2つの選択肢から選ぶことになります。
(※ 諦める場合は、その合意内容がなかったこと(削除)になります。)

公証人が作った原稿に問題がなければ、作成日の予約をして、
夫婦で出向いて原稿に署名と押印をすれば、離婚公正証書の完成となります。

最後に離婚公正証書が完成するまでの進め方は以上となりますが、
将来のトラブルを防ぐためにも、納得出来るまで話し合うことが大切です。

【関連記事】
離婚公正証書に書く内容
養育費の雛形と文例
面会交流の雛形と文例
慰謝料の雛形と文例
財産分与の雛形と文例
年金分割の雛形と文例

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/04/25】