離婚に役立つ情報を随時公開します

離婚後の戸籍について

離婚問題に強い大阪の行政書士

結婚に伴う戸籍では、夫を筆頭者にすることが多いので、
離婚することになれば、女性(妻)は離婚後の戸籍を考える必要があります。
(※ 今回の記事に加えて離婚後の名字はどう変わるもご覧下さい。)

【結婚した時の戸籍】

夫 鈴木太郎
妻 鈴木花子(旧姓は田中)
子 鈴木リカ

離婚しても筆頭者である太郎は結婚時の戸籍に残るので、
離婚後の戸籍を考えるのは、妻である花子と子供のリカになります。
(※ 離婚に伴う子供の名字と戸籍についてもご覧下さい。)

仮に妻が結婚に伴って筆頭者になった場合は、逆の結果になります。
(※ 結婚時の戸籍に残るのは妻となり、抜けるのは夫になります。)

【離婚後の戸籍の選択肢】

① 結婚前の戸籍に戻る
② 鈴木花子として新戸籍を作る
③ 田中花子として新戸籍を作る

離婚後の戸籍は3つの選択肢から選ぶことになります。

戸籍には3世代(親・自分・子供)入ることが出来ないので、
子供の親権者になる場合は、①結婚前の戸籍に戻ることは出来ません。
(注 結婚前の戸籍とは、両親の戸籍に入っているケースが多いです。)

②と③は花子を筆頭者として新戸籍を作る方法で、違いは離婚後の名字だけです。

離婚届には戸籍の記入欄があり、未記入だと受理されないので、
離婚後の名字と戸籍は、離婚条件の協議と同時進行で考える必要があります。
(※ 戸籍以外に子供の親権者の記入欄もあるのでご注意下さい。)

ちなみに花子が子供(リカ)の親権者になった場合は、
離婚後、太郎の戸籍からリカを抜いて、花子の新戸籍に入れる手続きが必要です。

つまりリカは花子が作る②又は③の新戸籍に入ることになります。

離婚の話し合いでは養育費などで頭が一杯になりやすいですが、
このような戸籍や名字についても考える必要があることを覚えておいて下さい。

特に一度決定した離婚後の名字変更は難しいので、よく考えて結論を出して下さい。
(例 離婚に伴って旧姓を選択したけど、やっぱり結婚時(夫)の名字に戻したい。)

【関連記事】
離婚後の手続きに関する情報
離婚後の各種手続き
離婚手続きの疑問を解決

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2016/11/23】