離婚に役立つ情報を随時公開します

離婚後の名字について

離婚問題に強い大阪の行政書士

結婚する際、夫の姓になる女性(妻)が多いので、
離婚することになれば、女性は結婚前の名字(旧姓)に戻ることになります。
(※ 今回の記事に加えて離婚後の戸籍はどう変わるもご覧下さい。)

【名字が変わる流れ】

① 独身時代は田中花子
② 結婚時代は鈴木花子
③ 離婚後は田中花子

今回の例で名字が変わるのは妻(花子)だけとなり、
結婚に伴って名字が変わらない夫は、離婚後も鈴木を名乗ることになります。
(※ 離婚に伴う子供の名字と戸籍についてもご覧下さい。)

仮に夫が結婚の際、妻の名字を名乗ることになった場合は、
上記例とは逆の結果となり、離婚に伴い夫の名字が変わることになります。

決定した名字の変更は簡単に出来ないので、じっくりと考えて結論を出して下さい。

【離婚時に妻が思うこと】

「名字が変わるのは嫌だな。」
「周囲から色々突っ込まれそうだな。」

離婚時の環境(職場など)や婚姻期間が長い場合は、
旧姓に戻ることについて、このような抵抗感を感じる方もいらっしゃいます。

また子供がいて、親権者(離婚後の面倒を見る)になる場合は、
学校での環境を考えて、旧姓に戻りたくないと思う方もいらっしゃいます。
(例 名字が変わったことについて、同級生から質問をされる。)

このような場合には役所に婚氏続称届を提出すれば、
離婚後の結婚時代(夫)の名字を名乗り続けることが出来るので、検討して下さい。
(※ 正式名称は「離婚の際に称していた氏を称する届」と言います。)

【婚氏続称届の特徴】

① 自分の自由な意思で名字を決定出来る
② 離婚後3か月以内に提出する必要がある

婚氏続称の判断は、①自分の自由な意思で決めれるので、
夫の同意は不要となり、仮に反対されても名乗ることは出来ます。
(例 同僚からの気遣いが嫌だから、離婚後も夫の名字を名乗ろうと決める。)

そもそも夫への相談やお願いをする必要がありません。

又、婚氏続称届には②離婚後3か月以内という期限があるので、
離婚の話し合いと並行して、離婚後の名字を考えておくことが大切です。
(※ 一般的には離婚届と同時に提出される方が多いです。)

【関連記事】
離婚後の手続きに関する情報
離婚後の各種手続き
離婚手続きの疑問を解決

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2016/11/19】