離婚問題で悩んでいるご夫婦はご相談下さい

離婚Q&A

協議離婚を調べると離婚公正証書や離婚協議書に出会います。
失敗しない為にも、特徴等を理解した上で手続きに入ることが大切です。

離婚全般について

離婚問題の悩みを解決します

【目次】
● 離婚全般について
● 離婚公正証書の一問一答
● 離婚協議書の一問一答

Q1 離婚前に別居をしてもいいですか?

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
離婚に至った経緯や原因によっては感情的になることもあり、
なかなか進まなくて困っているご夫婦は多数いらっしゃいます。

例えば相手の浮気(不倫)が原因の場合、
頭では分かっていても、感情的になりやすくなります。

このような状況から抜けだす方法として、
一時的な別居があり、双方にとっていい選択肢だと言えます。

Q2 別居するメリットを教えて下さい。

別居することで直接対峙することはなくなるので、
話し合いはメールやライン等を利用して進めることになります。

メール等を利用するということは、送信前に
考える時間を持つことが出来るので、冷静な話し合いに繋がります。

Q3 別居前に注意することはありますか?

別居する前に財産状況の把握をして下さい。

特に預金残高の確認をしていなかった場合、
別居中に相手が使い込みをしても、気付くことが出来ません。

最終的に財産分与でもらえるお金が減るのでご注意下さい。

Q4 突然妻(夫)から離婚したいと言われました・・・

先ず現在の状況を把握することが大切なので、
冷静になって離婚を考えた理由を聞くことから始めて下さい。

そして相手の勘違いかどうかの確認をして、
勘違いであれば修復を目指し、そうでなければ離婚協議を始めます。

Q5 性格の不一致は離婚原因になりますか?

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるものなので、
どのような原因であったとしても、双方が納得すれば離婚出来ます。

主な離婚原因としては、性格の不一致・浮気・借金等が考えられます。

Q6 離婚準備って何をしたらいいですか?

先ずは自分の考え(希望)をまとめるためにも、
離婚に関する情報や知識を集めることから始めて下さい。

この準備が出来れば、話し合いがスムーズに進む可能性が高まります。

Q7 離婚の話し合いには子どものことも含まれますか?

離婚の話し合いでは主にお金(慰謝料・財産分与)の話と、
子どもの話(親権・養育費・面会交流)以上2本立てで行われます。

特に親権の合意が出来ないと、離婚届は受理されないのでご注意下さい。

Q8 相手が話し合いに応じてくれません・・・

そもそも離婚の話し合いが出来ない場合、
協議離婚を諦めて、家庭裁判所の調停へ進む可能性が高いです。

ただ弁護士へ依頼した場合、相手と交渉をしてくれるので、
調停離婚へ進まず、協議離婚が成立する可能性も十分あります。

ちなみに弁護士には報酬の支払いがあるので、事前確認が大切です。

Q9 離婚後、後悔しないようにしたいです・・・

離婚の話し合いでは感情的になることが多く、
気持ちが切れて、途中で諦めるケースも多々あります。

ただ離婚協議の時間より離婚後の生活は長いので、
妥協出来る点・出来ない点を整理した上で話し合うことが大切です。

これが離婚した後に後悔する確率を減らすことに繋がります。

仕切り線1

離婚公正証書について

離婚公正証書の疑問を解決します

Q1 離婚公正証書はどこで作れますか?

全国各地にある公証役場で作ることが出来ます。

公証役場には法務大臣が任命した公証人(公務員)がおり、
公証人が作成した離婚公正証書には公文書となり信頼出来る書面になります。

Q2 どういう流れで作れますか?

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
先ずは離婚条件の協議をして、結論を出す必要があります。
(例 養育費を毎月15日までに4万円を支払う。)

結論が出たら、内容をまとめたメモ書きを作り、
公証役場に提出すると公証人が法的に有効な原稿を作ってくれます。
(注 メモ書きに無効な条件が記載されている場合は削除されます。)

原稿を確認して納得出来れば、
2人で公証役場に出向いて署名と押印をしたら完成です。

自分(夫婦)で離婚公正証書を作成する場合の流れは以上です。

Q3 メモ書きの書き方をを教えて下さい。

メモ書きは簡単な箇条書きでもいいですが、
離婚公正証書の雛形(サンプル)を参考にして書くことも出来ます。

インターネット上に多数の雛形(サンプル)があるのでご確認下さい。

当事務所でも一部雛形を公開しているので、養育費の雛形と文例をご覧下さい。

Q4 費用はどれくらいかかりますか?

公証役場手数料は合意した内容によって決まるので、
100組のご夫婦がいれば、支払う料金も100通りになります。
(例 慰謝料の合意額が○円だから料金は○円になる。)

当事務所では平均3万円程度になるご依頼者様が多いです。

費用の計算方法については複数の合意に対する公証役場手数料をご覧下さい。

Q5 どのようなメリットがありますか?

離婚公正証書には強制執行力があるので、
約束した支払いを怠ると、裁判所の判決を経ずに差押えが出来ます。
(例 養育費を払ってくれないから給与を差押える。)

仮に給与を差押える場合、会社(上司)に知られるので、
約束を守らないといけないという心理的プレッシャーを与えることが出来ます。

Q6 行政書士は何が出来ますか?

各行政書士によって作り方や料金が異なりますが、
当事務所ではチェックシートとヒアリングを通してメモ書きを作ります。
(※ 当事務所ではメモ書きを離婚公正証書の原案と呼びます。)

離婚チェックシートの詳細はこちらをご覧下さい。

又、当事務所では代理人作成に対応しているので、
ご依頼者様は1度も公証役場に足を運ぶ必要はありません。

Q7 代理人制度について

代理人制度を利用すれば、任意の場所で作れるので、
当事務所ではご夫婦の代わりに大阪の公証役場にて作成させて頂きます。

ただ離婚公正証書は大切な書面なので、
代理人を立てずに、夫婦揃って役場に出向いて作ることをお勧めします。

Q8 作り直すことは出来ますか?

相手の同意を得ることが出来れば、作り直すことは可能です。

ただ現実的には拒否される可能性が高いので、
離婚公正証書を作るチャンスは最初の1回だとお考え下さい。

Q9 離婚公正証書を作るタイミングはいつですか?

離婚公正証書を作るタイミングは、
離婚届の提出前・後、どちらでも問題ありません。

ただ離婚届提出後に作る場合は、
相手が非協力的になるリスクがあるのでご注意下さい。

仕切り線1

離婚協議書について

離婚協議書の疑問を解決します

Q1 離婚協議書を作れるのは誰ですか?

自分(夫婦)、又は行政書士が作ることが出来ます。

離婚公正証書のように公証役場の関与を受けないので、
離婚協議書完成までの期間については、短縮することが出来ます。

Q2 作成方法を教えて下さい。

法律上、決まった作り方や書き方はありませんが、
離婚条件をまとめた用紙を2部作り、署名と押印をすれば完成です。

2部作る理由は、夫用と妻用が必要になるからです。

尚、手書きで作っても問題はありませんが、
時間短縮を考えると、パソコンで作ることをお勧めします。
(注 パソコンで作る場合でも署名欄は本人が直筆で書くようにして下さい。)

Q3 離婚協議書の書き方をを教えて下さい。

離婚協議書のテンプレート(雛形)を参考にして書くことが出来ます。

インターネット上には多数のテンプレートがあるのでご確認下さい。

当事務所でも一部公開しているので、養育費の雛形と文例をご覧下さい。

Q4 どのようなメリットがありますか?

離婚条件を書面に残す=証拠になるので、
離婚後、合意内容に対立が起きても直ぐに解決することが出来ます。
(例 養育費の支払額について意見が割れても、離婚協議書に書かれている。)

又、証拠になる=真剣な話し合いが期待出来るので、
養育費等の約束を守ろう(忘れない)という強い意識を持つことが出来ます。

Q5 相手が作ることを嫌がっています・・・

離婚協議書を作ることにメリットを感じられず、
支払者側(主に夫)は作成に抵抗する等、非協力的なケースが多いです。

ただ支払者側にもメリット(Q4参照)があるので、
その事実を正確に伝えれば、作ることに同意してくれる可能性が高まります。

Q6 自分(夫婦)で作る場合の注意点はありますか?

法的に有効な条件が書かれている必要があります。

仮に無効な条件が書かれている場合は、
何も決まっていない状態と変わらないので、トラブルの種になります。

つまり時間をかけて作った離婚協議書の効果が下がることになります。

Q7 行政書士は何が出来ますか?

各行政書士によって作り方や費用は変わりますが、
当事務所ではチェックシートとヒアリングを通して離婚協議書を作ります。

離婚チェックシートの詳細はこちらをご覧下さい。

尚、離婚協議書の作成には公証役場の関与を受けないので、
当事務所が責任を持って、着手~完成まで対応させて頂きます。

Q8 誰に依頼しても結果は変わらないですか?

各行政書士によって能力や経験が異なるので、
作り手によって、離婚協議書の内容に大きな違いが生じます。

後悔しないためにも、無料相談を利用して行政書士の能力を確認して下さい。
(※ 当事務所を含めて、無料相談を実施している行政書士は多いです。)

行政書士に支払う費用(報酬)も大切ですが、
離婚協議書に対する能力や経験も考慮することが大切です。

Q9 離婚公正証書との違いを教えて下さい。

離婚協議書と離婚公正証書には共通点が多いですが、
効力面で違いがあり、特に離婚協議書では強制執行が出来ません。

効力の強さでは離婚公正証書>離婚協議書となるので、
完成までのハードルは高いですが、離婚公正証書の作成をお勧めします。

ちなみに離婚協議書を作るタイミングは、
離婚公正証書と同じく離婚前・後、どちらのタイミングでもいいです。