離婚に役立つ情報を随時公開します

慰謝料の請求相手とは

離婚問題に強い大阪の行政書士

離婚に至った原因が配偶者の不貞行為(不倫)だった場合、
精神的苦痛に対する対価として、慰謝料の請求を行うことが可能です。
(※ 今回はDV(暴力)による慰謝料請求については省略させて頂きます。)

【慰謝料の請求相手について】

① 配偶者
② 不倫相手
③ 配偶者と不倫相手

慰謝料の請求相手としてこの3つの選択肢がありますが、
現実的には①配偶者に対して、請求を考えている方が多いです。

夫「不倫相手には請求しないで欲しい。」
夫「その代わり多めに慰謝料は払うから。」

離婚協議の場で、夫に慰謝料請求の話を持ちかけると、
このように夫が不倫相手をかばうというケースが多々あります。

妻「不倫相手をかばうとは理解出来ない。」

但し、その代わりに慰謝料を多く払われることがあるので、
妻としては複雑な心境と言えますが、割切って受入れる方が多いです。

仮に妻が不貞行為(不倫)をした場合、夫も慰謝料請求は出来ます。

次に②不倫相手に慰謝料請求をすると決断した場合、
直接会って話し合う必要があるので、妻の精神的負担は大きいです。
(例 不倫相手に会うことにより、嫌なことを思い出してしまう。)

弁護士に依頼をすれば、この負担は軽減出来ますが、
報酬の支払が生じるので、よく考えた上で依頼の有無を決めて下さい。
(※ 弁護士は妻の代理人として、不倫相手に慰謝料請求をしてくれます。)

最後に③配偶者と不倫相手に慰謝料請求をする方法ですが、
2人に請求出来ることから、①や②より多くもらえると考えるのは間違いです。

なぜなら合意した総額の中からの請求となるので、
負担額だけの問題であり、具体的な金額に差は生まれません。
(例 総額100万円の内、配偶者に70万円、不倫相手に30万円を請求する。)

こういう訳で慰謝料の請求相手として3つの選択肢がありますが、
それぞれの特徴や自分の性格などを考慮した上で選ぶようにして下さい。
(例 不倫相手と直接話す自身がないので、弁護士に依頼して請求する。)

【関連記事】
慰謝料の疑問を解決
離婚慰謝料の請求を出来る人
配偶者への慰謝料請求の流れ
不倫相手への慰謝料請求の流れ
慰謝料支払と連帯保証人
慰謝料の話し合いで起きるトラブル

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/04/05】