離婚公正証書と離婚協議書作成の流れ

離婚公正証書と離婚協議書作成の流れ

ページ下部に注意点を記載しているので、ご依頼前に1度お読み下さい。

無料相談実施中

離婚公正証書や離婚協議書作成のご依頼

離婚チェックシートを郵送&内容説明

時間無制限で打合せを行います

離婚公正証書や離婚協議書原案1回目の完成

原案に関する説明を行います

納得するまで原案を作り直します

離婚協議書完成

委任状付き原案を郵送

公証役場に原案を提出

離婚公正証書の作成日

離婚公正証書の完成

仕切り線1

作成時の注意点

私が責任を持って作成させて頂きます

【協議離婚で作れる書面】

合意した離婚条件を書面に残す場合、
離婚公正証書又は離婚協議書、いずれかの書面を作ることになります。
(両方を作るという選択肢はありません。)

離婚公正証書を作る場合は、始めに原案を作り
最終合意出来た時点で⑨委任状に署名・押印を頂き、公証役場に提出します。

【報酬等の支払時期】

離婚協議書は⑧完成後、離婚公正証書は前払い金と報酬を2回に分けて頂きます。
料金の詳細はこちらをご覧下さい。 → 料金案内

前払い金は公証役場手数料相当額を⑨~⑩の間に頂き、
当事務所報酬を含めた最終清算料金は⑫完成後に頂くことになります。

【完成までにかかる時間】

①~⑧までは、各ご夫婦の状況により異なりますが平均1~4週間程度かかります。
(原案の作成回数が短い程、この期間も短くなります。)

⑩~⑫までは、公証役場の混み具合に左右されますが1~2週間程度かかります。

離婚に至った経緯や原因によって協議時間に差が出るので、
当ページの作成の流れは、あくまでも参考程度にお考え下さい。