離婚に役立つ情報を随時公開します

養育費の話し合いでのトラブル

離婚問題に強い大阪の行政書士

離婚の話し合いで起きるトラブルについて、複数回に分けてお伝えします。
(※ 話し合いのトラブルについては、全3記事掲載しております。)

今回は養育費の話し合いで起きるトラブルについて解説します。

【養育費の話し合い】

◇ 毎月の支払額で揉める
◇ 支払終期について揉める

養育費は子供の将来に役立つという認識があっても、
現実的にはお金の問題となるので、話し合いで揉めることが多いです。

妻「毎月4万円は払って欲しい。」
夫「給料を考えると3万円にして欲しい。」

お互いが離婚後の生活を考えないといけないので、
このように希望額に差が生じて、最終合意まで時間がかかります。
(注 この話し合いをいい加減にすると、離婚後のトラブルに繋がります。)

このようなケースでは客観的なデータとして使える、
養育費算定表を利用して具体的な支払額を決定することをお勧めします。
(例 算定表は3~5万円となってるから、間をとって4万円にする。)

「養育費算定表」で検索すれば、多数のページが出てくるのでご覧下さい。
(※ 併せて養育費の相場に関する情報もご覧下さい。)

ただ養育費算定表は絶対的な基準ではないので、参考程度にご利用下さい。
(例 支払者には借金があり、現実問題として算定表通り支払うのは難しい。)

妻「20歳までは払って欲しい。」
夫「大学とかに進学しなくても払うの?」

養育費の支払終期は夫婦間の話し合いで自由に決定出来ますが、
このように子供の将来が分からないという問題に直面される方が多いです。

子供が幼ければ幼いほど、このトラブルを抱える方が多いです。
(例 まだ小学生なので、将来の進路が全く予想出来ない。)

例「20歳まで払うけど、高卒で就職した場合は支払を免除する。」

このようなトラブルを回避する方法としては、
条件付きの合意(支払免除など)をしておくことをお勧めしております。

最後に養育費の話し合いでは、一方的な主張ではなく、
トラブルや長期化を回避するためにも、双方の歩み寄りが大切と言えます。

【関連記事】
慰謝料の話し合いで起きるトラブル
財産分与の話し合いで起きるトラブル

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/08/01】