離婚に役立つ情報を随時公開します

離婚協議書の疑問について

離婚問題に強い大阪の行政書士

離婚協議書に関する疑問について、複数回に分けてお伝えします。
(※ 全部で9個の記事を掲載しているので、是非ご覧下さい。)

今回は離婚協議書の疑問について解説させて頂きます。

Q1「離婚協議書の概要を教えて下さい。」

協議離婚は夫婦間の話し合いで進めることが出来るので、
各ご夫婦によって、合意する離婚条件についても多種多様となります。

主な離婚条件として、養育費・慰謝料・財産分与などがあります。

又、合意した離婚条件を口約束で終えることも、
書面に残すことも、各ご夫婦の自由な意思で決定出来ます。

この書面のことを離婚協議書と言います。

Q2「口約束で終えても問題はないですか?」

正直、合意した離婚条件が0なら問題はありませんが、
一般的に様々な合意がされるので、口約束で終えることはお勧め出来ません。

Q3「お勧め出来ない理由を教えて下さい。」

口約束は証拠がない状況と同じだからです。

仮に離婚した後に元夫婦間でトラブルが起きた場合、
一方の勘違いであれば、口約束でも話し合いで解決することが可能です。
(例 養育費の支払額(3万円又は4万円)について勘違いが起きた場合など。)

ただ元配偶者に悪意があった(養育費の支払額を減らしたい)場合は、
証拠もないので話し合いは平行線となり、解決することが難しくなります。
(例 養育費4万円は厳しいから、わざと3万円だと言ってやろう。)

この勘違いや悪意については、夫だけではなく妻がする可能性もあります。

Q4「だからこそ離婚協議書が必要なのですか?」

離婚協議書は離婚条件を書面化するものなので、
証拠としての力があり、Q3のようなトラブルを防ぐことが出来ます。

離婚した後に元夫婦間で勘違いが生まれた場合は、
離婚協議書を見れば答えばあるので、直ぐにトラブルを解決出来ます。
(例 離婚協議書には養育費の支払額が4万円と書かれている。)

ちなみに離婚協議書は自分(夫婦)で作ることが出来るので、
内容に凝らなければ、0円に近い費用で作ることも可能となります。
(※ 行政書士に作成依頼をした場合、報酬の支払が必要となります。)

【関連記事】
協議離婚の疑問を解決
離婚届の疑問を解決
養育費の疑問を解決
慰謝料の疑問を解決
財産分与の疑問を解決
年金分割の疑問を解決
離婚公正証書の疑問を解決
離婚手続きの疑問を解決

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/07/13】