離婚に役立つ情報を随時公開します

慰謝料の疑問について

離婚問題に強い大阪の行政書士

慰謝料に関する疑問について、複数回に分けてお伝えします。
(※ 全部で9個の記事を掲載しているので、是非ご覧下さい。)

今回は慰謝料の疑問について解説させて頂きます。

Q1「慰謝料の話し合いに関するポイントを教えて下さい。」

慰謝料請求の有無は離婚原因で判断されるので、
先ずは自分が請求の対象者であるかについて考える必要があります。

協議離婚は夫婦間の話し合いで進める離婚なので、
慰謝料だけではなく、養育費や面会交流などについても協議で決定します。
(例 毎月第3日曜日に面会交流を実施することで合意した。)

Q2「請求出来ない原因を教えて下さい。」

離婚に至った原因が性格(価値観)の不一致の場合は、
慰謝料の請求が出来ないので、慰謝料の話し合いは不要となります。

離婚原因は各ご夫婦によって異なりますが、
一般的には性格の不一致で離婚するご夫婦が一番多いです。

Q3「請求出来る原因を教えて下さい。」

離婚に至った原因が不貞行為(不倫)やDVの場合は、
慰謝料の請求が出来るので、慰謝料の金額などについて話し合います。
(注 今回はDVに関する慰謝料の説明は割愛させて頂きます。)

Q1の通り、協議離婚は夫婦間の話し合いで進めるので、
慰謝料の金額や支払方法については、各ご夫婦によって結論が変わります。
(例 慰謝料100万円を20回に分割して支払う。)

慰謝料の支払方法は一括又は分割払いとなりますが、
支払者の経済的理由によって、分割払いになることが多いです。
(例 預貯金がないので、一括で払いたくても払うことが出来ない。)

Q4「不貞行為を原因とする慰謝料の相場を教えて下さい。」

具体的な支払額は支払者の経済状況を考慮するべきなので、
正直な話、相場は○万円といった具体的な数字を伝えることは難しいです。
(例 年収200万円の夫に対して、慰謝料300万円を請求するのは難しい。)

こういう訳で当事務所のご依頼者様の中でも、
合意した金額については、50万円~300万円という幅が出来ています。

【関連記事】
協議離婚の疑問を解決
離婚届の疑問を解決
養育費の疑問を解決
財産分与の疑問を解決
年金分割の疑問を解決
離婚協議書の疑問を解決
離婚公正証書の疑問を解決
離婚手続きの疑問を解決

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/07/06】