離婚に役立つ情報を随時公開します

離婚届を提出する時期について

離婚問題に強い大阪の行政書士

協議離婚は離婚届を提出すれば成立します。

そして離婚届を提出するまでの過程としては、
以下の通り、大きく分けて3つの選択肢を挙げることが出来ます。

【離婚届を提出するまでに】

① 最低限の離婚条件について合意をする
② 全ての離婚条件について合意をする
③ 離婚してから離婚条件について話し合う

先ず協議離婚を成立するための前提条件として、
双方の合意と親権者の決定という条件をクリアする必要があります。

特に離婚届には親権者の記入欄があるので、
空欄(決めていない)の場合は、役所で離婚届は受理されません。

仮に離婚することに双方の合意がない場合は、
離婚することが出来ないので、家庭裁判所の調停に進むことになります。
(例 夫が離婚の意思がないので、話し合いが出来ない状況。)

調停に進むことに抵抗がある場合は、諦める(婚姻生活の継続)ことになります。

つまり①最低限の離婚条件について合意するとは、
この2つの条件をクリアした上で離婚届を提出することを言います。

次に②全ての離婚条件について合意するとは、
離婚に至った経緯や原因によっても変わりますが、
離婚条件の話し合いを終えた上で離婚届を提出することを言います。

離婚条件とは養育費・慰謝料・財産分与・年金分割などを言います。
(例 慰謝料100万円を20回に分割して、毎月5万円を支払う。)

ちなみに合意した離婚条件は口約束で終えることも出来ますが、
トラブル防止のために書面(離婚協議書や公正証書)に残すことも可能です。

最後に③離婚してから離婚条件について話し合うとは、
何らかの事情があって、先に離婚届を提出することを言います。

Q「どの選択肢が一番いいと思いますか?」

どの選択肢にもメリットとデメリットがありますが、
出来る限り、②全ての離婚条件に合意した上で提出することをお勧めします。

妻「養育費を払って欲しい。」
妻「どうして電話やメールを無視するの。」

仮に配偶者が不誠実な性格で①や③を選んだ場合、
このような離婚後のトラブルに発展する可能性を否定出来ません。

こういう訳でよく考えた上で、どの選択肢を選ぶか決定して下さい。

【関連記事】
離婚届の証人
離婚届と公正証書はどちらを優先すべき
離婚届の不受理届について
離婚届の疑問を解決

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/03/07】