離婚に役立つ情報を随時公開します

不倫が離婚原因の場合の財産分与

離婚問題に強い大阪の行政書士

今回は不倫が原因の場合の財産分与について分かりやすく解説します。

【不倫と財産分与】

① 財産分与の権利はある
② 不倫は慰謝料で清算をする

離婚に至った原因が配偶者の不貞行為(不倫)の場合、
配偶者には財産分与の権利がないという考え方は間違いになります。
(例 不倫したんだから、財産をもらう権利はないという考え方。)

夫「預貯金200万円は折半で分配したい。」
妻「折半が妥当だと思うし、私もそれでいいと思う。」

このように他の離婚原因と同じように財産分与の話し合いを行い、
不倫を受けた精神的苦痛に対する対価は慰謝料として請求することになります。

つまり財産分与と慰謝料請求は、別々に考えることになります。

【お金が移動するだけ】

① 預貯金は200万円ある
② 財産分与として折半で分配する
③ 慰謝料として80万円を請求する
④ 最終清算をする

今回のケースの流れを具体例を交えながら解説します。

先ず預貯金(200万円)の財産分与について話し合いを行い、
折半(夫が100万円・妻が100万円)で分配するという結論を出しました。

この時点で財産分与については、折半で合意していることになります。

次に離婚原因が配偶者の不貞行為(不倫)なので、
慰謝料として80万円を請求し、配偶者もその求めを受入れました。

この時点で慰謝料についても合意したことになり、
最終的には夫が20万円、妻が180万円受取って離婚することになります。

つまり夫が分配された預貯金100万円から、妻に慰謝料80万円を支払います。

こういう訳で預貯金200万円が移動するだけとなり、
まわりくどいやり方ですが、財産分与と慰謝料の混同は起きていません。

妻「慰謝料として80万円払って欲しい。」
夫「離婚時に預貯金を多く渡して、清算したじゃないか。」

仮に財産分与と慰謝料を混同すると、このようなトラブルに繋がるので、
今回のケースでは合意内容を書面(離婚協議書など)に残すことをお勧めします。
(例 財産分与は折半をして、慰謝料として80万円を支払ったという書面。)

【関連記事】
財産分与の割合
財産分与でもらえる財産
共働き夫婦の財産分与
離婚協議書の特徴

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/03/03】