離婚に役立つ情報を随時公開します

財産分与で取得出来る財産

離婚問題に強い大阪の行政書士

今回は財産分与でもらえる財産について分かりやすく解説します。

離婚における財産分与の対象(話し合う)になる財産は、
自宅にある全ての財産(お金やモノ)とはならないのでご注意下さい。

この情報を知らない場合、後述するトラブルに発展する可能性があります。

【対象にならない財産】

① 独身時代に蓄えた財産
② 相続で得た財産
③ 嫁入り道具

先ず前提条件として、財産分与の対象になる財産は、
結婚から離婚までに蓄えた財産だけということを覚えておいて下さい。

この条件から考えると、①独身時代に蓄えた財産については、
結婚前から所有している財産なので、財産分与の対象からは外れます。
(例 独身時代の貯金や購入したパソコンや時計など。)

次に前提条件(結婚中に蓄えた財産)から外れる例外となりますが、
結婚中に両親などが亡くなり、②相続した財産も財産分与の対象から外れます。
(例 祖父から受け継いだ不動産や預貯金など。)

最後に結婚時に揃えた③嫁入り道具については、
妻固有の財産となるので、これも財産分与の対象から外れます。

このように財産分与の対象から外れる財産を特有財産と言います。
(※ 逆に財産分与の対象になる財産を共有財産と言います。

こういう訳で財産には対象・対象外と分けることが出来るので、
離婚協議を始める前に、自宅内にある財産の一覧表を作ることをお勧めします。

夫「独身時代の預貯金は分ける必要がなかった。」
妻「今更言われても困るし、返金することも出来ない。」

ちなみに特有財産と共有財産の線引きをいい加減にした場合、
このようなトラブルに発展する可能性があるので、大切な作業と言えます。

Q「財産の一覧表は簡単に作れますか?」

財産の一覧表はメモ用紙に箇条書きをするだけなので、
少し時間と手間はかかりますが、それほど難しい作業にはなりません。

夫「独身の時に買った車は対象外だね。」
妻「生活費の余りを預けてたA銀行の預貯金は対象だね。」

そして財産の一覧表が出来れば、財産分与の話し合いを始めて、
このように対象・対象外の確認をして、具体的な分配の協議を進めます。

【関連記事】
財産分与の割合
共働き夫婦の財産分与
離婚後の財産分与のトラブル
財産分与の話し合いで起きるトラブル

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/03/01】