離婚後の戸籍・姓・手続きを解説

離婚に伴う戸籍や姓・手続きについて

離婚条件の話し合いと並行して、
離婚後の手続きについて準備しておくことが大切です。

1.あなたの戸籍と姓

離婚に伴う戸籍と姓の選択

【目次】
● あなたの戸籍と姓
● 子供の戸籍と姓
● 離婚後の手続き一覧

今回は分かりやすいように、結婚したことによって、
妻が夫の姓を名乗るようになったと仮定して解説させて頂きます。
(例 田中花子が結婚をして鈴木花子になった。)

【選択肢は3つ】

① 旧姓に戻る&結婚前の戸籍に戻る
② 夫の姓を名乗る&新戸籍を作る
③ 旧姓に戻る&新戸籍を作る

離婚によって妻は旧姓に戻ることが原則ですが、
離婚後の環境を考えて、②夫の姓を名乗るという選択も出来ます。
(例 勤務先や子供の影響を考慮して、夫の姓を名乗る。)

②を選択する場合は、離婚成立から3か月以内に役所に対して、
「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出する必要があります。
(※ 一般的に離婚届と同時に提出される方が多いです。)

夫「離婚後、僕の姓は名乗らないで欲しい。」

妻は自由な意思で離婚後のを選択出来るので、
仮に夫からこのような主張をされても、気にする必要はありません。

一度決定した姓の再変更は簡単には出来ないので、
じっくりと考えた上で、どちらの姓を選ぶか決定して下さい。

最後に妻が子供の親権者になる場合、
①を選ぶことは出来ないので、②か③を選ぶことになります。

結婚前の戸籍は妻の両親の戸籍のケースが多く、
離婚後、妻は戻ることが出来ても子供が入ることは出来ないからです。
(注 一つの戸籍に親・子・孫と3世代は入れません。)

仕切り線1

2.子供の戸籍と姓

離婚に伴う子供の戸籍と姓の選択

今回は分かりやすいように、結婚によって戸籍の筆頭者は夫、
離婚によって子供の親権者は妻になったと仮定して解説させて頂きます。
(例 田中花子が結婚をして鈴木花子になった。)

【子供の戸籍と姓の変更手順】

① 子の氏の変更許可申立(家庭裁判所)
② 許可審判書と入籍届を提出(役所)
③ 2週間程度で子供が妻の戸籍に入籍

離婚が成立した時点では、子供は夫の戸籍に残っているので、
夫の戸籍から抜いて、妻の新しい戸籍に入れるという手続きが必要です。

仮に妻が夫の姓を名乗るという決断をしても、
①の手続きは省略されず、全ての手続きが必要なのでご注意下さい。
(例 子供は「鈴木」から「鈴木」への氏の変更手続きを行う。)

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書作成のご依頼者様に対して、
主な手続きを掲載した「離婚後の手続きリスト」をお渡ししております。
(※ 離婚後の手続きリストについてはこちらをご覧下さい。)

最後に①子の氏の変更許可申立の手続きは、
子供の住所地を管轄する家庭裁判所で行われるので、
事前に家裁に連絡をして、申請先と必要書類の確認をして下さい。

仕切り線1

3.離婚後の手続き一覧

離婚後の手続き一覧表

離婚した後にしか出来ない手続きもあるので、
協議離婚の成立=ゴールではなく通過点だとお考え下さい。

【一般的な手続き】

◇ 住基カードの返却
◇ 印鑑登録証の返却
◇ 印鑑登録の申請
◇ 国民年金の氏名変更
◇ 厚生年金の氏名変更
◇ 運転免許証の氏名と本籍変更
◇ パスポートの氏名と本籍変更
◇ 銀行等の氏名変更

身分証の提示を求められることがあるので、
運転免許証の変更手続きから始めることをお勧めします。

【公的扶助】

◇ 児童扶養手当
◇ 児童手当
◇ ひとり親家庭医療費助成

母子(父子)家庭に対する公的扶助については、
待っていても教えてくれないので、積極的に役所に確認することが大切です。

また自治体独自の政策もあるので、離婚前から準備しておくことが大切です。