動産の財産分与について

財産分与なしってありえる?(前編)

離婚に役立つ情報を随時掲載します

協議離婚では夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
財産分与の協議についても、自由な結論を出すことが出来ます。

「我が家には財産がありません。」

財産分与の説明をすると、時々このようなお話をうかがうことがあります。

【財産分与の対象となるもの】

① 不動産(家やマンション)
② お金(主に預貯金)
③ 動産(家電や家具)

財産分与では主に①~③の財産の取得について協議を行います。

たしかに①不動産や②お金がないというケースはありますが、
婚姻期間中に家電等は購入しているはずなので、③動産の協議が必要となります。

こういう訳で財産分与はなしというご夫婦は、なかなかいないと思います。

「財産=不動産や預貯金」という印象が強い為か、
動産の存在を知らない方が多いので、この機会に是非覚えておいて下さい。

【動産の説明をすると・・・】

「めんどくさいですね(笑)」
「口約束で終わらせても良いですか?」

たしかに電子レンジと炊飯器は夫、冷蔵庫とエアコンは妻等、
1つ1つ協議していたら時間がかかり、手間だと考える気持ちは理解出来ます。

また、書面(離婚協議書や離婚公正証書)に残す場合、
1つ1つ記載していたら、とんでもないページ数になることが予想されます。
(例 H社製の32型のテレビ T社製の白色エアコン等)

【手間を省く方法】

◇ 財産の一覧表を作る
◇ 大切なものだけ取得の協議をする

先ず動産の一覧表(メモ用紙)を作り、その中で、
「大切だ」と考えるものだけ、取得の協議を行って頂きます。

大切なもの以外は口約束になりますが、
多数のお客様がこの方法を利用して書面を作られています。

なぜ動産の協議が必要なのかについては、次回の記事でお伝えさせて頂きます。
(後編はこちらをご覧下さい。)

【関連記事】
離婚準備中に参考になる財産分与の情報
自分で離婚協議書を作るメリット
自分で離婚協議書を作るデメリット
自分で離婚公正証書を作るメリット
自分で離婚公正証書を作るデメリット

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して作ります。
(チェックシートについてはこちらをご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → お問合わせ

離婚ブログの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚ブログ 2016/11/02】