離婚届の提出時期について

離婚届を提出するタイミング

離婚に役立つ情報を随時掲載します

離婚届を提出するまでの過程として、
大きく分けて3つのパターンを挙げることが出来ます。

【離婚届を提出するタイミング】

① 最低限の合意をする
② 全ての合意をする
③ 離婚してから協議を始める

先ず協議離婚を成立(離婚届提出)させる為には、
双方の合意と親権者の決定という条件をクリアする必要があります。

つまり①最低限の合意をするとは、
この2つの条件をクリアした上で離婚届を提出することを言います。

次に②全ての合意をするとは、
離婚に至った経緯や原因によって変わりますが、
離婚条件の協議を終えた上で離婚届を提出することを言います。

離婚条件とは養育費・慰謝料・財産分与・年金分割等となります。

最後に③離婚してから協議を始めるとは、
何らかの事情があって、先に離婚届を提出することを言います。

「どの方法が一番良いですか?」

どの方法にもメリット・デメリットがありますが、
当事務所では②全ての合意をした上で離婚届を提出することをお勧めします。

「養育費貰いたいんだけど・・・」
「どうして電話にも出てくれないの・・・」

相手が不誠実な性格な場合、①や③を選ぶと、
このような離婚後のトラブルに発展する可能性を否定出来ません。

こういう訳でじっくりと考えた上で、どの方法を選ぶか決定して下さい。

【関連記事】
離婚届不受理届ってどんなもの?
協議離婚では何を話す?
理想的な協議離婚の進め方
相手が離婚協議に応じてくれない時の対処
親権で揉めている

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して作ります。
(チェックシートについてはこちらをご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → お問合わせ

離婚ブログの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/03/07】