離婚に役立つ情報を随時公開します

養育費の雛形と文例について

離婚問題に強い大阪の行政書士

今回から離婚協議書や離婚公正証書に役立つ雛形をお伝えします。

1回目は養育費の基本的な雛形(文例)となっており、
当事務所でも利用しているので、夫婦作成を考えている方は是非ご覧下さい。

【養育費の基本的な雛形】

甲は乙に対して、
長男の養育費として、
平成29年1月から20歳の誕生月まで、
金3万円を毎月末日までに、
長男の口座に振込送金して支払う。

1つ目のポイントは関係者の表記になります。

一般的に甲が支払者、乙が権利者となり、
子供に関しては上の子から丙・丁・戊と続きますが、
当事務所では分かりやすいように長男・二男といった表記を使っています。

表記については、夫婦間で分かりやすい方を選択して下さい。

2つ目のポイントは養育費の支払期間になります。

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるものなので、
養育費の支払期間の始期と終期は、各ご夫婦の自由な意思で決定出来ます。

一般的に始期は離婚届を提出した月、又は翌月となり、
終期は18歳・20歳・大学卒業までなど、夫婦間の考えで大きく変わります。

ちなみに始期と終期は具体的な数字を入れた方が良いので、
大学卒業までの合意であれば、逆算をして「平成○年○月」と記載して下さい。
(注 このケースでは浪人期間を考慮していないのでご注意下さい。)

3つ目のポイントは養育費の支払額と支払日になります。

支払額と支払日については、支払期間と同じ考え方で、
各ご夫婦の意思で決定出来るので、100組のご夫婦がいれば100通りになります。

支払日に関しては、支払者の時間的余裕を確保するために、
当事務所では支払者の給与日から5日以内に設定するご依頼者様が多いです。
(例 給与日に銀行ATМに出向くのが難しい時もある。)

養育費の雛形については以上となります。

今回は養育費の基本的な雛形(文例)をお伝えしましたが、
これだけで終えるのではなく、各ご夫婦の状況に応じた+aを作ることも大切です。
(例 進学費用・医療費・将来の再協議などの合意をする。)

【関連記事】
面会交流の雛形と文例
慰謝料の雛形と文例
財産分与の雛形と文例
年金分割の雛形と文例

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して完成します。
(※ 離婚チェックシートの詳細についてもご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご連絡下さい。 → お問合わせ

離婚に役立つブログの記事一覧もご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/02/01】