失敗しない協議離婚の進め方

理想的な協議離婚の進め方

離婚に役立つ情報を随時掲載します

理想的な協議離婚の進め方をお伝えする前に、
先ずは協議離婚の成立条件について解説させて頂きます。

【協議離婚の成立条件】

① お互いが離婚を希望する
② 未成年の子の親権者の決定
③ 離婚届の提出

協議離婚は夫婦間の話し合いをベースに進めるので、
双方が離婚の意思を持ち、冷静に協議が出来る環境が必要となります。

次に離婚届には親権者の記入欄があるので、
親権者を決定(記入)出来ない限り、役所は離婚届を受理してくれません。

最後に離婚届は役所で貰えるので、入手後、
双方が署名と押印し、本籍地の役所に提出すれば協議離婚は成立します。
(本籍地以外の役所に提出する場合は、別途戸籍謄本が必要となります。)

協議離婚を成立させる為には、①~③の条件を理解することから始めて下さい。

【理想的な協議離婚の進め方】

① 離婚情報を集める
② 妥協点の整理をする
③ 離婚の話し合いに臨む

協議離婚は自分で相手と交渉・合意をする必要があるので、
「何を希望するか」を整理する為に、①離婚情報を集めることが大切です。
(例 養育費は月いくら? 預貯金はいくら貰う? 年金分割はどうする?)

離婚情報は書籍・サイト・専門家(行政書士等)から入手出来ますが、
正確な情報を手に入れる為にも、1度は専門家に相談することをお勧めします。
(当事務所も含めて、無料相談を実施している行政書士は多いです。)

ちなみに行政書士でも能力に差があるので、
出来れば複数の行政書士に相談をすることをお勧めします。

次に情報を蓄えた後は、相手への希望条件をまとめ、
その中でも「妥協出来る点」「妥協出来ない点」を整理して下さい。

【具体的な交渉例】

夫「自動車は貰いたい。」
妻「その代わり預貯金は7割欲しい。」

このように協議離婚の話し合いでは、
妥協点(車譲る)と妥協出来ない点(預貯金7割)の折り合いをつけて進めていきます。

離婚に至った経緯や原因にもよりますが、
自分の希望が100%通る可能性は低いので、妥協点の整理は大切です。
(離婚原因が相手の不倫の場合は、希望が通りやすい傾向にあります。)

こういう訳で①~③の手順で進めれば、
予定より早く進むだけではなく、充実した離婚協議が期待出来ます。

【関連記事】
離婚原因ってどんなもの?
協議離婚では何を話す?
協議離婚はお金がかかる?
協議離婚ってどれくらいかかる?(期間)
相手が離婚協議に応じてくれない時の対処
離婚後の戸籍と姓の手続き
面会交流の決め方
離婚準備に役立つ情報(養育費の相場編)
離婚準備に役立つ情報(財産分与編)

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して作ります。
(チェックシートについてはこちらをご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → お問合わせ

離婚ブログの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/01/25】