具体的な離婚原因について

離婚原因ってどんなもの?

離婚に役立つ情報を随時掲載します

離婚に至った原因は各ご夫婦によって異なり、
1つだけというケースもあれば、色々な原因が絡み合うこともあります。

【主な離婚原因】

① 性格の不一致
② お金の問題
③ 思いやりの問題
④ 不貞行為(不倫)

①性格の不一致とはその言葉通り、
相手との考え方が合わず、婚姻生活の継続が難しくなることです。
(例 義理の両親との関係・子供の教育方針等)

次に結婚してから相手に借金があることを知った等、
②お金に関わる問題がきっかけで、離婚を決断されることもあります。

借金以外にも浪費癖やギャンブル等が離婚原因になることもあります。

「夫(妻)が家庭に関心を示しません。」

結婚期間が長くなると、表現は悪いですが、
妻(夫)が空気のような存在となり、このように家庭に関心を示さず、
③思いやりがないと感じ、離婚という2文字が頭によぎることもあります。

酷いケースでは子供にも関心を示さない方もいらっしゃいます。

最後は相手が④不貞行為(不倫)を行ったことで、
「許せない」という気持ちが大きくなり、離婚に至ることになります。

当事務所では③と④が離婚原因のご依頼者様が多いです。

ちなみに協議離婚は双方に離婚意思があれば成立するので、
どのような離婚原因であっても、双方の意思で決断することが出来ます。

【関連記事】
協議離婚では何を話す?
協議離婚はお金がかかる?
協議離婚ってどれくらいかかる?(期間)
理想的な協議離婚の進め方
相手が離婚協議に応じてくれない時の対処
離婚準備中に役立つ情報(離婚後の手続き)

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して作ります。
(チェックシートについてはこちらをご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → お問合わせ

離婚ブログの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚ブログ 2017/01/19】