面会交流の決め方について

面会交流の決め方

離婚に役立つ情報を随時掲載します

面会交流「お子様の成長に欠かせないもの」なので、
離婚原因によっては「会わせたくない」と考えるかもしれませんが、
お子様の希望・気持ちを最優先に考え、出来る限り実施出来るようにして下さい。
(注 暴力等のおそれがある場合は、この限りではありません。)

【面会交流の決め方】

① 抽象的に決める方法
② 具体的に決める方法

面会交流は養育費と似ているところがあり、各ご夫婦によって、
①抽象的な決め方をすることもあれば、②具体的に決めることもあります。
(※ 協議離婚は夫婦間の話し合いで面会交流の条件を決定出来ます。)

「子が望んだ時に都度協議して面会交流を実施する。」

お子様が自分の意思を持つ年齢である場合は、
このように都度協議という、①抽象的な合意をするケースが多いです。
(※ 面会交流の回数は決めなくても問題ありません。)

「毎月1回、10時~16時まで○○(場所)にて面会交流を実施する。」

逆にお子様が幼かったり、相手方に何か問題がある場合は、
このように細かい条件を定め、②具体的な合意をするケースが多いです。

【具体的に決める場合(一例)】

◇ 悪口を言わない
◇ 面会交流時の費用負担

具体的に決める場合は、回数・時間・場所だけではなく、
併せてこのような条件も定め、10項目以上の合意をするお客様も多いです。
(最近、お子様に悪口を言わないという中傷禁止の合意をされる方が増えています。)

ちなみに当事務所では20代~30代のお客様が多いので、
養育費と面会交流の合意が多い離婚公正証書や離婚協議書を作られる方が多いです。

「具体的に決めたいけど、どう決めたら良いか分からない。」

このような場合は当事務所オリジナルの離婚チェックシートをご利用下さい。
(面会交流については9項目掲載しております。)

どちらの方法にもメリットとデメリットがあるので、
しっかりと情報を集めた上で、よく話し合って結論を出すことが大切です。

【関連記事】
離婚後の状況変化(養育費)
養育費の減額請求(事例解説)
養育費の増額請求(事例解説)
離婚準備中に参考になる養育費の情報(相場編)
離婚準備中に参考になる養育費の情報(終期編)

当事務所では離婚公正証書や離婚協議書について、
オリジナルの離婚チェックシートと十分なヒアリングを通して作ります。
(チェックシートについてはこちらをご覧下さい。)

又、初回無料相談を実施しているのでお気軽にご利用下さい。 → お問合わせ

離婚ブログの記事一覧はこちらをご覧下さい。

【離婚ブログ 2016/11/28】